福井銀行の投資信託

福井銀行では、投資信託商品のラインナップをかなり強化しています。2014年1月からNISA(小額投資非課税制度)が導入されたこともあり、個人投資家の投資熱も高まっていることを契機にして、銀行では投資信託商品の品ぞろえをかなり充実させてきているのです。

福井銀行で実際に取り扱っている投資信託商品は、ジャパン・ソブリン・オープン、ニッセイ日本インカムオープン、インデックスファンド225など、確実に利益が見込め、急激な金額の変動も少ない株式に関するもの、またブラジル債券やメキシコ債券、オーストラリア債券など、先進国や経済新興国の債券なども、重要な投資信託商品として積極的に顧客に勧めています。

なお、投資信託を行うには、取引手数料が必要となります。銀行としては投資信託で多くの個人資産を自行に預けてもらうことと、取引に関して生じる手数料を得られることもあって、余計に投資信託商品を進めています。アベノミクスの効果で今後も株価がプラス傾向にある限りは、投資信託も非常に有益な資産運用のひとつとして考えてもよいのではないでしょうか。

なお福井銀行ではパソコンや携帯電話、スマートフォンを使ったインターネットバンキング「ナチュラネット」で投資信託商品の購入や、外貨預金などの各種投資信託商品の取り引きを行えます。投資信託に関する操作ができるインターネットバンキングは一部の地方銀行でしか取り組んでいませんので、個人投資家にとっては非常にありがたいサービスだと言えます。