住宅ローンなら福井銀行

最近、住宅ローンを借りるときの金利が過去最低を記録していることを、みなさんはご存知でしょうか。ここ半年前まではアベノミクスのせいで金利が上がると言われていたり、消費税がアップすることで金利も上がるし、消費税の分だけ余分にお金を払うのを毛嫌いして、住宅の新築着工件数が明らかに減少すると言われていたのです。

ですが、実際には住宅ローンの貸し出しを希望する人はまだまだ多く、2015年10月に消費税が10%になるかもしれないこと、また市中の金利がアベノミクスの影響をうけてはいるものの、相変わらず低金利を維持していることもあり、実は全国的に住宅ローンの貸出金利は思ったより上昇していないのです。そのため、比較的マイホームを手に入れやすい地方において、住宅ローンを利用して新築住宅を手に入れようとする顧客のニーズは、根強く存在するのです。

そのような状況の中、福井銀行では、住宅ローン「福井銀行住宅ローン」を取り扱っています。この住宅ローンで対象となるのは、住宅の新築費用は当然ですが、中古住宅やマンションの購入、住宅を建築するために必要な土地購入に関する費用が対象となります。また同時に、住宅などのリフォーム費用や、他の金融機関で借り入れた住宅ローンの借り換えをする際でも福井銀行の住宅ローンを利用することができます。

貸し出し時の条件としては、融資開始時の年齢が満20歳から満70歳までであることと、返済完了時の年齢が満76歳までであることです。借り入れできる期間は最大35年で、建物や土地の価値にもよりますが、最低300万円から最大1億円まで借り入れができます。