福井銀行の歴史

福井銀行は、福井県福井市に本店のある地方銀行の1つです。ルーツは明治32年に設立された株式会社福井銀行となっています。この福井銀行が、福井県内にある中小の金融機関を吸収合併して、現在の福井銀行の形になりました。特に戦後には三和銀行の系列であった大和田銀行を吸収合併し、急速に福井県内での営業地盤確保を成し遂げています。

福井銀行の主な営業エリアは本店を置く福井県を中心としていますが、富山県や石川県などの北陸地方の主要な都市にも多くの支店を構えています。また、経済的につながりのある京都府や大阪府、愛知県、それに隣接する滋賀県などにも支店や営業所を構えています。

福井銀行は、福井県福井市の指定金融機関(公金を扱う窓口として定められた金融機関)を受託するなど、福井県内の自治体からの官公庁関連の取り引きの大半を福井銀行が担っています。また、福井銀行は福井県内のすべての市町村に支店や営業所を構えているので、それぞれの自治体が指定金融機関として福井銀行を指名し、官公庁関連の取り引きを行っています。官公庁関連の取り引きでは手数料等も見込めますので、福井銀行の大きな収益となっています。

福井銀行のライバルを挙げてみれば、何と言っても北陸銀行でしょう。北陸地方を中心として多くの店舗を持ち、持っている資産も地方銀行のトップ10に入るほどの力を持っている北陸銀行は、福井県内でも様々な場所に支店を構えており、福井銀行の大きなライバルと言えるでしょう。