福井銀行の定期預金とは

定期預金の金利は、アベノミクスの影響があって次第にアップするものと言われていましたが、実は思ったほど影響を受けていないのが現状です。低金利な状態はまだ続いていて、ローン金利が安いのは喜ばしい出来事と言えるのですが、貯蓄をしたい人にとっては低金利なのはあまりよろしくない現状と言えます。

実際、定期預金の金利は低い金利が続いていて、その影響は全国の金融機関のいずれも同様に受けています。預けても利子もつかないというデフレ期の状況は、現在においてもあまり変わりがないということで、逆を言えば銀行にお金を預けようと考える人があまりいないともいえるのです。でも、そんな時だからこそ魅力的な定期預金商品を展開すれば、多くの顧客を獲得できるチャンスともいえるのです。

福井銀行の定期預金には「スーパー定期」「スーパー定期300」などがあります。これらの商品の金利を見てみると、他の金融機関と比べても、けっして高金利というわけではありません。どうしてもインターネット専業銀行の金利には歯が立たないというのが現状です。

福井銀行の定期預金に望むとすれば、ユニークな特典をプラスしてくれることです。全国的には定期預金に付加要素をつけている銀行もあります。宝くじや特産品がついてくる場合もありますし、特定のスポーツチームが好成績を収めることで金利がアップするという取り組みもされています。福井銀行もぜひこのようなユニークな取り組みを行ってほしいものです。